【失敗から学べ】外構業者選びのポイント! ハウスメーカーでの家づくり最後の難関

外構は家の引き渡しと同時に終わるのが理想ですが、そううまくはいきません。
外構業者を選ぶのに時間がかかり、せっかくのマイホームも落ち着かない状態で入居します。
なぜそういう状態になってしまったのか・・・体験談です。

ダンディMチャンネルの紹介
ダンディ(英: dandy)とは、身なり・余裕ある趣味といったものを重視し、こだわりを持つ人を指します。
このチャンネルでは、そういう自分にこだわった物や考えなどについて紹介し、お互いにダンディを目指す事ができればと思います。
「おじさん」より「オジサマ」と呼ばれたい!
更新は週1~2回です.
よければチャンネル登録お願いいたします。

#ハウスメーカー#外構#注文住宅

コメント

  1. tapioca KJ より:

    あけましておめでとうございます。
    本年も参考になる動画、楽しみにしております。
    私も外構業者2社に見積りを取りましたが、信用できる対応の業者の方が高額、、、Mさんのように更に相見積を取るべきか、、、

  2. 雄志 より:

    期待してますよ。
    なんじゃこりゃ~⁉って展開を( *´艸`)

  3. 呂布 より:

    パナ 引き渡して2ヶ月 東海地方
    そもそも外構は外注出来ないって言われて、パナと提携(?)している外構業者1択でした。
    なんでだろう?

  4. スワロ より:

    期待しています。

  5. 70 JO より:

    見積が遅いのは結局外注なんだろうなぁって思いますね。自分で計算出来ない部分が多いんでしょうね。

  6. わかやま より:

    オープニング変わりましたね!
    今年度も家づくりの参考にさせてもらいます!

  7. 100king-neko より:

    OP と ED 変えて来ましたねー 動画分を増やした感じで良いです!
    今年も気になること、気になるものを Mさん独自の観点で動画作成、頑張ってください。応援してます!

  8. ma wh より:

    私も去年玄関ドアの鍵を特殊なものに交換するのに工務店四社ほど相見積りをとりましたが交換までに4ヶ月位かかりました。そもそも電話してから見積りとりに来るのに1ヶ月、見積り出るのに1ヶ月。見積りとったけど全く連絡ない工務店もありました。思うに、最大の原因は人手不足。小さな工務店は営業から電話対応、見積り、カタログ発送、発注、そして実際の工事まで1人の職人がスマホ片手に独りでやっているようです。そもそも電話かけて出ればまだマシ。あとから折り返しは来ますがこっちだって仕事で忙しい。その点大手はレスポンスはそれなりに早いけどやはり高いような気がします。なかなか難しいですね。

  9. Na S より:

    エンディングが変わっていてびっくりしました!最後のパターがいい感じです笑

    外構業者決まってよかったですね(^^)
    価格は安いにこしたことはないですが、それを払うだけの価値を見い出せ、こちらが支払を納得できる取引相手でないと…ですね!どんな縦シャーを採用されたのか楽しみです(^^)

  10. z w より:

    ためになったからチャンネル登録してあげたいけどすでにチャンネル登録していたので出来なかった

  11. Poppo Garage より:

    引き渡し時に外構が完成してるに越したことはないですが、
    現実はそうも行きませんよね^^;
    うちはハウスメーカーが〇〇過ぎて、私の現場チェックや判断に全力集中した為、
    実際に外構業者の検討、工事等をしたのは1年後くらいです(笑)
    勿論お金がなかった…訳はないですがw
    しかし、土地や間取りが決まった時点でおおよその外構イメージは私の中で完成していたため、
    家と外構の金額や雰囲気、バランスに不具合はなかったです。頼んだ外構業者も結局〇〇でしたがw(その代わり半額?で妥協点)
    素敵な外構期待しています^^
    あ、エンディング音が私の弱い耳には少し大きすぎますw

  12. 1951 Yabetti より:

    まさに10年前に新築した時がアップ主と同様なプロセスでした。躯体が9割がた完成したので、外溝プランをそろそろ
    固めないとまずいと建築会社に催促してようやく持って来たのが、シケたプラン。それでも150万もする。それまで
    外溝工事部分も住宅ローンに合算されていたのを建築会社経由は却下、ローンは躯体と外溝を分散スタートそして、
    その外溝会社からオリジナルに上乗せしていない金額を聞き出しました。仕切りは8がけ、つまり150X80%で建築会社
    は何もしないで30万も抜いていたのです。建設業界って、こんなんばっかりです。

    そこから急遽、ネットを経由して3社ほどあたり、かつ自社の「作品」を見学させられる会社を残し、そこと最終見積を
    詰めて、決めました。それまで、外溝も躯体も同じところがやると勝手に決めていましたが、こんなカラクリがある
    なんて、躯体を担当する業者(主に大工、水道、電気等)と外溝業者のノウハウは全く異なります。

    皆さんも躯体と外溝業者は全く分けて費用も打ち合わせも構えたほうが良いです。、

  13. xv3137 より:

    冬場のコンクリート打設は要注意なので業者に対策の確認取った方が良いですよー

  14. Takashi pochi より:

    あけましておめでとうございます。
    以前、「外構これって適正価格?」でプラスGの価格についてコメントさせていただいたものです。
    今回、ダンディMさんがお願いされた外構業者D社は私がお願いしたところと同じかもしれません。
    イニシャルで言うと「G」で始まる会社じゃないですか?
    ここはラフスケッチの見積もりだとタダですが、パース図を作る見積もりになると3万円取られます。
    ですが、契約を結ぶとその3万円は工事費から引かれます。
    逆に見積りでお金をとられた方が、ああでもないこうでもないと色々と要望や変更をお願いしても後ろめたいものがなくわがまま言い放題できますので
    私としては不満はなかったです。
    ハウスメーカーでも外構業者でも言える事ですが、レスポンスが遅い所は避けた方がいいと思います。
    ウチが頼んだ外構業者は見積もりは1週間で間違いなく提示してきました。しかも見積もりの詳細がすごく丁寧に説明してありわかりやすかったです。
    また、ウチの外構業者の店長は「コンテストは興味ない」と言っていました(笑
    ここだと、前にも書きましたがプラスGの30%引きは行けると思います。
    ちなみに私事で恐縮ですが、見積もりの中にディーズガーデンのオシャレな倉庫の本体価格(定価47万円)が入ってなくてそれを指摘したら、
    店長さんが「私のミスですので何とかします」と言って、本来なら値引きできない倉庫の価格が結果として14万円で購入できました♪

    ハウスメーカーも外構業者も結局は「人」ですよね。ウチはどちらも問い合わせに対しては1営業日以内に返事がきます。
    「お客様に対してなんとかしてあげたい」という気持ちがあれば1ヶ月以上放置はありえないですよね。

    同じ50代ですし境遇が似てるのでつい長々と書いてしまいました。家づくりもYoutubeも頑張ってください!
    応援しています!!

  15. ねこのじいじ より:

    外構がハウスメーカー営業の実績にならない限り同じ事が繰り返されると思います( ̄▽ ̄)